破産宣告はどのように手続きするのか【破産宣告の方法について】

破産宣告はどのように手続きするのか【破産宣告の方法について】

破産宣告はどのように手続きするのか【破産宣告の方法について】

企業でも個人でも、返済などに行き詰まると破産宣告をします。
一般的に、債務者が債務の支払が出来ず、債務の合計が資産の合計を上回っている場合が破産になります。
これは、企業でも個人でもその借入の金額には大差がありますが同じことです。
その方法は、個人の場合自分一人でも法律に詳しい人なら裁判所に手続きができます。
しかし、この破産宣告の申請は添付書類など難しいことが多くあります。
個人でやる方法では、裁判所で申し立ての書類がキチンと揃わないとこの段階で拒否されます。
やはり、破産宣告は専門の弁護士や司法書士に代行してもらうことが確実です。
確かに、依頼をすると平均の費用の目安は約30万円ほどになります。
これを、個人でする方法だと裁判費用の15000円ほどでできます。
しかし、書類審査が通っても次に裁判官との面談があります、
この時に、質問事項の答えに不備があると、ここで審査がおわり破産も認定されません。
よほどの自信がないと、個人ですることはおすすめしません。
弁護士費用は、破産を希望する人なら確かに30万円は大金です。
しかし、最近は長期間の分割払いができる事務所がたくさんあります。
破産になれば、全ての借金がなくなるので弁護士費用も払うことができます。
まずは、自分の債務の内容を相談することが始まりです。
弁護士には、守秘義務があるので家族などにも内緒でもしていけます。
悩みを解決するその第一歩が相談になります。