破産宣告するには手続きにいくらかかるの?安くするには?

破産宣告するには手続きにいくらかかるの?安くするには?

破産宣告するには手続きにいくらかかるの?安くするには?

頑張っても、これ以上、借金の返済をしていく事が出来ない、借金の返済から解放された状態で生活を立て直していきたいと考えた場合に、有効な債務整理法が自己破産です。
破産宣告を行い、借金の免責許可がおりれば、借金の返済義務がなくなり、そこから新たに生活を立て直していく事が出来ます。
ただ、家等の処分できる財産と、必要最低限の現金預金以外は、手放す事になる為、住むところから探す事になる人も珍しくありません。
そんな破産宣告を行う場合、意識しておきたいのが、かかる費用です。
借金の返済も困難な状況から、破産宣告を行うのですから、少しでもかかる費用は少ない方が良いと考える人も少なくないでしょう。
処分する財産等がない状態で、個人で自己破産の申し立てを行った場合、費用は平均2万円となります。
それに対して、弁護士に依頼をした場合、平均40万円程度を考えておく必要があります。
ただ、これは平均であって、20万円程度から可能な事務所もあれば、50万円近くかかる事務所もあり、更に処分する財産があれば90万円近く必要となってくる事も珍しくありません。
これよりも少し安いのが司法書士で、平均20万円程度の費用で自己破産が可能となりますが、対応できる金額の上限があり、140万円以上の借金問題を解決したいと考えているならば、金額に上限のない弁護士に依頼する事がお勧めです。
破産宣告を考え、弁護士などに依頼をする場合、40万円程度は必要と考えておく事が大切です。